×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ここは、マンガやアニメのファンイラスト,パロディ,子どもネタ,本の感想 などのサイトですが・・・

牛乳パックとストローで工作

   牛乳パックとストローを使い、手で回して回転するおもちゃを作る
codaコーダからバレリーナの絵 右の「とって(ハンドル)」を回すと、絵が回転する。

画面左のストローの蛇腹部分が、横軸の回転を縦軸の回転に伝える。
画面右の蛇腹部分は、中に芯になるものを入れている。
エリザベス 2011/9/29 作
10.1 児童館に、ほかの工作の材料(菓子箱、化粧箱。段ボール箱、包装紙ほか不用品)とともに寄付した。

3日、いや、3時間、いや1時間でこわされるかなーと思いつつ、作り、持っていく(笑)




you tube にアップした。やればできるもんだ(笑)。工作のカテゴリがないので「科学と技術」に登録した>なんかちがうっ!






材料 

牛乳パック2個
ストロー3本



はりがね(または芯に
できるもの)


今回は窓を作り、そこに内側からこういった
ケースの透明プラスチックを切って貼った。
  牛乳パックを2個通したのは横軸を安定させるため。同様に縦軸を安定させるために側面の一枚を折り曲げ二重の壁を通すようにする。
  右の「とって(ハンドル)」に通じる部分が難関。
食パンの袋をしばるカネのヒモを
芯にしようと思ったが、2〜3本では
強度不足だった。
 今回のストローはミスタードーナツでメロンソーダを飲んだときのストローを持ち帰って使っているので、これは前に同じものを作ったときのストローよりも太く、食パンの袋止めのカネのヒモでは強度が不足でした。

ここが弱いと、「とって(ハンドル)」を回したときに、「とって」だけが回転し、紙パックの中の横軸のストローが回らない。
 私は面倒になり、針金の端をちょっとわやわやに曲げて、紙パックの中の横軸のストロー部分に入れ、固定した。

ストローと針金の軸とが一緒に動くようにしてから、「とって」の部分まで針がねを伸ばして作成。
子どもが作りたいと言ったら、大人が作った見本と材料ぐらいは用意してあげて、あとは子ども自身に悪戦苦闘させるのがよろしいのではないでしょうか。もちろんその過程でせっかく作った見本が子どもに解体されようが、壊滅させられようが、それを作った大人は怒ったり泣いたりしてはいけない。


120429 また作る。
10年くらい前に子供からもらったカーネーションの造花(芯が針金になってる)があったので。
2個作り、C児童館と杉並のk児童館にもっていく。


児童館のあやしい工作員のコーナーに行く

管理人への感想やご意見がありましたら

Powered by NINJA TOOLS

2011/10/01 /10/9 (Sun) 2012/05/13